お粥ダイエットで成功すために必要なポイントを教えます

お金をかけずに、そして成功率が高いダイエット方法の一つにお粥ダイエットがあげられます。高い費用をかけてエステサロンに通ったけれど思うように効果が出ない、きつい運動が続けられず食事制限でストレスがたまり最終的にリバウンドして終わってしまうという方は試してみる価値があります。

お粥ダイエットのメリットは、第一にカロリーカットが簡単にできる点です。五分がゆであればお茶碗一杯あたりで約90キロカロリーで、白米と比較すると半分以下のカロリーカットが簡単に実現出来ます。摂取カロリーを消費カロリーよりも抑える事が出来れば、身体は自然と痩せていきますし体重は落ちていく事になります。しかし普段の食事でカロリーカットをしようとすると、どうしても満腹感が得られずに空腹感との戦いでストレスもたまりがちです。お粥ダイエットで食べるお粥はかさもありますので、満腹感をしっかり感じる事が出来るという点ではストレスが溜まりにくいのも特徴です。

さらに温かいお粥は炭水化物も入っていますし、消化するスピードも速いため代謝アップさせる事につながりますので、太りにくいメニューであると言えます。

しかし成功させるためにはポイントも抑える事が必要です。一般的なダイエットでは主菜・副菜のバランスも良く摂取することが推奨されていますが、お粥ダイエットに関しては野菜を食べないというルールがあります。主菜・副菜を毎日摂取していた方にとっては、物足りなさを感じる事も有るかもしれませんが2週間という短期間で行いますので慣れるまでは少し我慢も必要です。

お粥だけですと栄養的な面でバランスが悪くなりますので、トッピングにはタンパク質を取り入れるようにします。肉や魚や卵と言った動物性のタンパク質で、味を付ける事で単調になりやすいお粥の味を変える事も出来ます。

野菜は摂取しなければならないという意識がある方も多いと思いますが、2週間のお粥ダイエットで野菜を摂取してはいけない理由があります。野菜には食物繊維が多いので、腸内に長くとどまる特徴があるためです。速いスピードで腸内を通過することが出来るお粥のメリットを阻害してしまう事になります。

また、2週間限定というのがお粥ダイエットのルールです。長期間この方法で続けてしまいますと、いくらタンパク質を摂取しているとはいえ量も少ないですし、野菜不足もあり身体にも負担がかかります。2週間続ければカロリーカットが実現でき、代謝アップに効果的な筋肉を作るものでもあるタンパク質のトッピングで、運動をせずに痩せる事が出来ます。