女性よりも男性の方が痩せやすいって本当?

同じようにダイエットをしても、女性よりも男性の方が痩せやすいと言われています。それは身体の構造やメカニズムを理解すれば納得できます。まず第一に関係してくるのは筋肉量の違いです。男性の方が女性よりも筋肉質であることは見ても分かる通りですが、同じトレーニングをしたとしても男性の方が筋肉は付きやすい構造です。筋肉量は基礎代謝と関係しますので、消費エネルギーも男性の方が当然多くなります。その分同じ食事を摂取していても太りにくいという事になるでしょう。

さらに脂肪の質ですが、女性は皮膚のすぐ下にある皮下脂肪が多いのに比べて、男性は内臓周りにある内臓脂肪が付きやすいという特徴があります。この内臓脂肪は内臓という熱を発する臓器の近くにある事も関係して、運動すれば燃焼しやすいので痩せるのも早いです。筋肉も付きやすく、内臓脂肪の方が多い男性の方が、当然痩せるのも早いという事です。

女性は皮下脂肪が多いのですが、この皮下脂肪は1度できてしまうとなかなかなくすことが難しいと言われます。しかも年齢とともにやせづらくなるのにも理由があります。それは女性ホルモンが関係してくるのですが、女性ホルモンの減少によって脂肪をため込む作用がアップし、逆に分解する力が弱まってしまう事になります。元々皮下脂肪の方が燃焼しづらいという事にプラスして、さらに深いする力が女性ホルモンの減少や筋肉量の低下で弱まりますので、さらにやせづらくなるのです。

脂肪が燃える順番は、内臓脂肪、そして皮下脂肪となります。そのため女性に多い皮下脂肪を燃やすためには、内臓脂肪をまずは燃やしてから皮下脂肪へとうつっていきますので、かなり時間がかかります。代謝をあげるために筋トレをして、さらに有酸素運動で脂肪燃焼を行うわけですが、数ヵ月から数年単位という長いスパンが必要となることもあるのです。

女性ホルモンの中でも、特にエストロゲンが減少するのも注目しなければなりません。このエストロゲンには脂肪燃焼を促す働きがありますが、それが更年期あたりから急激に減少します。さらにこの女性ホルモンの減少は同時に男性ホルモンの増加につながりますので、皮下脂肪だけではなく内臓脂肪も増えてお腹がぽっこりしてしまう事も多いのです。

体の構造やメカニズムは男性と女性で異なります。女性は痩せるためには男性よりも、ある意味努力が必要とも言えますが、自分の理想となるボディにするために出来る事から始めていきましょう。